TOMOE MILK

工場見学はこちら

会社情報

沿革

乳業メーカーとしての創業(第一創業期)、下辺見への移設(第二創業期)、そして、第二工場建設・稼働(第三創業期)。トモヱ乳業の歴史を、各期ごとに振り返ります。

第一創業期

関東一帯に販路を広げ、事業基盤を築く
1941年(昭和16年)
8月
資本金100万円を以って関東畜産工業株式会社を設立。
市乳加工乳の処理販売及び食肉ハムの製造販売を開始。
1956年(昭和31年)
11月

茨城県岩瀬町より古河市に赴いた
中田俊男(当時21歳)が、代表取締役に就任。
牛乳専業メーカーとして再スタートを切る。

1959年(昭和34年)
12月
練乳設備を設置、製造販売を開始。
1962年(昭和37年)
6月

「トモヱ乳業株式会社」に社名変更。

1968年(昭和44年)
1月
市乳処理工場を新設し、
独製ツーパック(紙容器)全自動牛乳処理機を設備し、
ワンウェイ容器による販売を開始。
1971年(昭和46年)
7月
茨城県古河市に新社屋落成。
1973年(昭和48年)
3月
ピュアパック充填機(紙容器)を設置し、
大型容器による処理能力を増加。
供給体制を確立する。
7月

JAS製品の製造認定工場となり、
企業の体質改善を図る。

1975年(昭和50年)
1月

流通機構の改善事業として、大型団地に対し、
冷凍移動販売車による直送販売を開始。

1982年(昭和57年)
11月

古河城の守り神であった大六天宮を再建。

1993年(平成5年)
1月
需要増加と広域交流に対応すべく、新工場を着工。

第二創業期

企業理念を表す第一工場が完成し、事業はさらに拡大
1994年(平成6年)
3月

最新鋭工場が完成し、稼働に入る。同時に
酪農文化、牛乳文化を紹介する牛乳博物館を併設する。

1996年(平成8年)
3月
売上高100億円を達成。
7月
乳業界先端の新工場と牛乳博物館が広く注目を集め、
工場見学者が延べ20,000人を突破。
1998年(平成10年)
1月

厚生省より総合衛生管理製造過程(HACCP)の
承認工場に認定され、
安全・安心な食品工場として認知される。

2004年(平成16年)
5月
製品のより一層の品質向上のため、
充填室前面のクリーンルーム化と室温・湿度の
コントロールを行い、賞味期限の延長を完備する。
2005年(平成17年)
3月
売上高200億円を突破。
2007年(平成19年)
2月

ISO 9001:2000(品質管理及び
品質保証のための国際規格)認証取得。

4月

中田俊男社長の社長就任50周年を期し、
静御前の銅像を建立。
地域の町おこしに尽力する。

2010年(平成22年)
2月
中田俊男社長が、永年の乳業界への貢献と
食品衛生の向上に寄与した事が認められる。
21年秋の叙勲の栄に浴し、政財界の大多数の出席を得、
盛大に受賞記念祝賀会が行なわれた。
2012年(平成24年)
3月

地鎮祭を行い、既存第一工場北側に、第二工場建設着工。
これにより、日本一の市乳工場を目指す。

第三創業期

第二工場完成により、生産規模日本一の市乳メーカーへ
2013年(平成25年)
1月

第二工場のトモヱシンボルマークの点灯式を、
満天の星空の下で行う。真上に一番星が光り、
トモヱ乳業の発展の前兆を祝す。

2月

特高受電と無停電装置が稼働し、
念願の無停電工場となる。

3月
第二工場の建物引渡しをトモヱの満開の桜の時期に完了。
6月末日の稼働を目指し、製造設備を順次導入する。
合わせて、新設の排水処理(3,000t/日)が本稼働する。
4月

製品自動倉庫が稼働し、これにより約4,500パレットが
収納可となる。製品の履歴管理、仕入れ先出し、
自動仕分け出荷がスタート。
省力化と出荷スピード・正確性の向上を図る。

7月

第二工場安全祈願祭及び、起動式を行う。
中田俊男社長のスイッチオンにより、
アイスコーヒーの製造から順調にスタートする。
合わせて、最新鋭のフルチャンバー式充填機
UP-SEC(14,000本/時)を2台導入する。

2014年(平成26年)
3月
カップ飲料の需要増加に対応すべく、
充填機HX-08SP(12,600ヶ/時)を導入する。
3月
乳飲料増加に対応すべく、
仕込み・調合ラインを3倍増に強化する。
2016年(平成28年)
3月
コンプライアンス宣言
11月
創業60年を期に理念体系を見直す。
「MILKとともに」をトモヱスピリッツの表現する言葉とし、より社員が一丸となって成長することを目指す。