TOMOE MILK

工場見学はこちら

知る・たのしむ

牛乳博物館

牛乳のはじめてを発見しよう!!

世界150カ国から収集した、酪農乳業に関する珍しい品が5000点以上展示される、日本唯一の牛乳・乳業の博物館です。人間と牛が育んできた歴史や酪農文化を知れば、きっと牛乳がより身近に感じられるはずです。

START 館内俯瞰図
これでのむの? 明治から現代までの牛乳容器

日本で最初に使われていたのは、江戸時代末期のギヤマン瓶。牛乳が一般販売され始めた頃はブリキ缶、その後、ガラス瓶が広まっていきました。

へんなもよう! メソポタミア文明の酒容器

紀元前から始まったメソポタミア文明。当時の酒容器は牛をモチーフにしたものが多くつくられ、使われていました。

おおきな音! アルプスホルン

スイスの民族楽器として有名。吹くコツが必要ですが、慣れると高い音から低い音まで自由に出すことができます。

すごいきれい! トルコのヨーグルト用かめ

ヨーグルト発祥の地、トルコの一般家庭には、ヨーグルト専用のかめがあり、食卓に欠かせない食品であることが分かります。

おもたいよ! 世界のカウベル

放牧する牛につける小ぶりなものから、コンテストで優勝した牛だけがつけられる、巨大なカウベルまであります。

なんのハコ? 配達牛乳の受け箱

各家庭への牛乳配達が主流だった昭和には、ほとんどの家の軒先に、木でできた牛乳の受け箱が設置されていました。

つくってみたい! 牛乳パック製の帽子

紙パック3本分でできる、簡単な工作作品です。帽子だけでなく、様々なものに生まれ変わることができます。

かわいいね 世界の牛乳パック

紙パックやプラスチック製容器など、アメリカ・ヨーロッパ・アジアでデザインが違うもの。日本にない色や絵柄は新鮮です。

おもしろかった! ぜひ一度、乳文化をご自身の目で確かめてみてください。皆様のお越しを、お待ちしています。

牛乳博物館について

館内俯瞰図 展示物は、6つのテーマに合わせたコレクションによってできています。
  • 牛の種類と進化

    牛をモチーフとした土器や生活風景を描いた絵画や土器などを通して、牛と人間が出合ってからの約10,000年の歴史を辿ります。

  • 牛と宗教

    栄養価の高い牛乳は、古代から人々の生活を支えていました。牛が特別な存在であった事実が、世界の絵画や土器などに残されています。

  • 世界と日本の酪農器具

    放牧時に使うホルンやカウベル、牧草づくりのための工具、牛用医療器具など、普通では見られない道具が集まっています。

  • 世界と日本の牛乳加工器具

    ヨーグルトやバター、チーズなどの製造技術が発達する前に使われてきた、世界の乳製品づくりのための道具をご紹介します。

  • 牛乳の流通器具

    江戸時代から現代までの牛乳瓶のほか、天皇家に献上されていたガラスミルカーといった歴史的な瓶があります。

  • その他牛乳関連品

    世界の牛乳パック、牛乳パックを利用した工作作品、牛のオブジェなど、牛乳に関わる品々を多数展示しています。

展示物の一部情報を、HITNET(産業技術史資料共通データベース)でご覧いただけます。

HIT NETはこちら

牛乳博物館運営法人についてはこちら

見学のご予約・お問い合わせ TEL.0280-32-1111

事前のご予約が必要になります。
見学希望日の7日前までに、お電話にてお申し込みください。

受付時間:月~金曜日 10時~16時(休館日を除く)

見学情報はこちら